fc2ブログ

碇を降ろして・・・

FC2ブログで「南海丸の航海日誌」を始めて1年になります。
超アナログ人間の私は、操作方法もよく分からないうえに、文章力もなく、ブログには不向きなタイプですが、遠州の小江戸と言われた掛塚の魅力を少しでも伝えたい一心でここまでやってきました。

しかし、古い写真もネタが尽きてきた他、仕事も忙しくなってきましたので、南海丸は碇を降ろし、しばらく停泊することにします。

という訳で・・・最後は、威勢よく掛塚湊を行き交った千石船の碇をご紹介して幕を下ろしたいと思います。

・掛塚湊 帆船の碇(高安研太郎氏蔵)
IMG_20210725_114239.jpg
これは「ふるさと竜洋」に掲載されている写真です。どの船のものかは不明ですが、碇は大人の身長を超えるほどであり、千石船の大きさが推測できますね。

・磐田市歴史資料館に保管されている碇
IMG_20210502_142144.jpg

IMG_20210502_142109.jpg
歴史資料館の敷地内の片隅に碇が4つ保管されています。保管というより、雨ざらし状態の放置といった方が適切かもしれませんが、一番大きなものは、最初の写真で紹介した高安研太郎氏蔵のものだと思われます。
掛塚廻船問屋の末裔としては、もう少し大切に保管して頂きたいのが本音です。

・津倉家で保管している碇
IMG_20210508_110206.jpg
この碇は津倉家のものではありませんが、みんなと倶楽部掛塚のメンバーが頂いてきて、一時的に保管してあります。歴史的に貴重な資料なので、これ以上錆びないよう、屋内で保管できればと思います。

掛塚湊は江戸から明治にかけ繁栄しましたが、明治22年に開通した東海道線の影響を受け徐々に衰退し、大正期には湊としての機能をほぼ失っていたと言われています。
あれから100年以上の月日が流れていますが、碇が発見されると当時の繁栄ぶりが垣間見え、掛塚湊の栄枯盛衰を感じます。

・貴船神社に奉納された絵と模型
IMG_20210530_162338.jpg

IMG_20210530_161238.jpg
残念ながら南海丸の写真や絵は現存していませんが、多分このような船であったと思います。今となっては知る由もありませんが、掛塚湊の歴史は後世に受け継いでいかなければなりません。

・掛塚湊跡
IMG_20200724_085518_convert_20201014215155.jpg
コロナが終息し、仕事も落ち着いたら、またいつか掛塚湊からブログの世界に出航しようと思います。これまでご愛読いただき、誠にありがとうございました。
スポンサーサイト



2021/08/08 (Sun) 00:00 |郷土史 |コメント(2)

第二次世界大戦

浜松市笠井にある母の実家の蔵を取り壊す際に不要となったものの続編です。
以前の記事はこちらをご覧ください。
今回は戦争の資料について少しご紹介したいと思います。

・鉄兜
IMG_20201122_151927_convert_20210328153534.jpg
当り前ですが、かなり重たいです。こんなの被って戦ったら首が折れると思いましたが、使い込んだ跡をみると、実際に兵隊さんは被っていたんですね。当時の苦労が伺えます。

鉄兜の前方部分のマークは見たことのないものですが、何か意味があるのでしょうか?

・旧日本軍の帽子
IMG_20201122_151842_convert_20210328152727.jpg
何故か2つ残っていました。約80年以上経っているとは思えないほど状態はいいです。

・兄弟写真
IMG_20201011_103243_convert_20210328152432.jpg
これは我家に残っている数少ない戦争の資料で昭和12年3月の日付がありました。左が祖父で右が祖父の弟になります。両人とも戦争には行っているそうですが、何故か弟だけ軍服ですね。

残念ながらこの帽子や軍服は残っていませんが、出兵時の日の丸の寄せ書きは残っていました。
現在は浜松の分家の方に渡してあるので、ご紹介ができないのが残念です。

ちなみに祖父はボルネオ島で戦ったそうですが、二人とも戦地から無事に帰還しています。

・貴船神社での出陣式
IMG_20210515_162148.jpg
これは、みんなと倶楽部にご提供いただいた昔の写真から抜粋したものになります。
僅か七、八十年前の出来事ですが、この貴船神社でも実際にあった歴史の1ページであることを戦争を知らない私たち世代も語り継いでいかなければなりません。

・現在の様子
IMG_20210530_095427.jpg
戦争のあったことが嘘のような静けさです。

・灯篭に刻まれた名前
IMG_20210530_101105.jpg
出陣式で整列していた方々の名前でしょうか?貴船神社の灯篭には各町ごとに出兵された方の名前が刻まれています。

・磐田市歴史資料館の展示物
IMG_20210502_135302.jpg
資料館には磐田市草崎から神風特攻隊として出撃された山内文夫さんの遺書の現物が展示されています。

・神風特攻隊員の遺書
IMG_20210502_135322.jpg
全文を読んでみると・・・

拝啓
長らくご無沙汰致しました。
御家内御一同様には益々お元気にしてお暮しの由、何よりに存じます。私も至極強健にて、今までは猛訓練をして居りました。

しかし私は、〇特攻隊の一員です。戦局は益々切迫して来た。征く時は今だ。故国日本の為め、天皇陛下の御為めに、故郷の為に、若櫻は、喜んで散ってゆく。

御母さん御父さん今まで、可愛がって戴き、何と御礼の申し様もありません。私の不孝をどうかゆるして下さい。哲兄さん、兄さん、姉さん、おばあさん、今までありがとう御座いました。私が死んでも泣かないでね。ほめて下さい。

私は、艦上爆撃機の搭乗員として、毎日宙返り、横転、反転等、特殊の猛訓練をやってきた。今その腕前を見せる時だ。私は何も云い残すことはないです。ただ父母の有難さで一杯です。御親戚の皆様、隣組の皆様よろしく。

「若櫻 美しく散りて国の為め 錦をば着て故郷に帰る」

兄さんにくれぐれもよろしく、手紙をやってください。
御両親様、皆様
昭和二十年三月二十五日 月 文夫より

以上が原文です。

この磐田市からも特攻隊員は出ています。はかなくも散っていった先人たちの愛国心を思うと、涙が込み上げてきます。
私たちは毎日、当り前の様に生活していますが、今の平和があるのは先人たちのおかげであることを忘れてはなりません。
もうじき76年目の終戦の日を迎えますが、先人に恥じぬ生き方を全うしたいと思いました。

以上、第二次世界大戦のご紹介でした。
2021/08/01 (Sun) 12:58 |郷土史 |コメント(0)

昭和時代の掛塚まつり(パートⅦ)

す組の若大将ことAMさんより提供して頂いた写真で、昭和時代の掛塚まつり(パーⅦ)です。

・宮入前の、す組屋台
IMG_20210314_145423.jpg

IMG_20210314_130818.jpg

IMG_20210314_130337 (1)
それほど古い写真ではありませんが、今は商工会議所や小林薬局等、ほとんどの建物がなくなってしましました。

・とんや前の、す組屋台
IMG_20210314_150018.jpg

IMG_20210314_150132.jpg
この写真で注目して頂きたいのは、屋台後面の引出しです。よく見ると3段×3で9個の引出しがあります。これは砂町特有の形でしたが、平成12年の大改修で現在の2段6個の引出しになりました。
細かな点ですが、個人的には忠実に復元新調してもらいたかったです。

・五久商店前の、す組屋台
IMG_20210314_150200.jpg
よく見ると、屋台の側面に吊るしてある提灯は天幕に掛かっています。
現在は、天幕を見せるため、もう少し提灯の位置を上にしています。いつから位置を変えたかは不明です。

これにて、す組の若大将ことAMさんより提供して頂いた写真は全てご紹介したので、このシリーズは終了となります。
AMさん、ありがとうございました。


以上、昭和時代の掛塚まつり(パーⅦ)でした。
2021/07/25 (Sun) 08:54 |掛塚祭り |コメント(0)

遠州掛塚湊の廻船問屋

掛塚湊の起源は古く、既に室町時代半ばの文献には登場しています。
都での建設需要の増加に伴い、北遠の山間部で切り出された材木は天竜川を下り、掛塚湊から江戸や大阪へ千石船で輸送され、特に江戸から明治時代にかけて繁栄しました。

しかし、掛塚湊は、もともと気まぐれに変わる天竜川の流れ次第で場所を移した不安定な湊であり、何より遠浅で砂も堆積しやすく、湊としては悪条件でした。

そこで、廻船業らは近代化を目指し、明治16年に築港に着手。2年掛かりで東西430m、南北215mの湊を、現在の「しおさい竜洋」南東側に造りましたが、元来の悪条件に追い打ちを掛けるように、明治22年には東海道線が開通し輸送の主流は鉄道に移り、掛塚港は衰退の一途をたどりました。

我家もブログのタイトルに使用している「南海丸」という船を所有し、廻船問屋を営んでいましたが、全くといっていいほど、当時の資料は残っていません。

そこで、今日は磐田市歴史資料館に所蔵されている貴重な廻船問屋の資料をご紹介していきたいと思います。

・船の舵輪
IMG_20210502_140542.jpg
西洋型帆船「宝慶丸」(総トン数140トン、松下定七所有)に付いていたもの。

・千石船のランプ
IMG_20210502_140558.jpg
中屋(松下文次郎)の所有船のもの。

・航海日誌用版木
IMG_20210502_140616.jpg
これは、どの船で使用されていたか不明です。

残念ながら我家には、ほとんど資料は残っていませんが、何とか探してみると・・
少しだけ残っていました。

・送状
IMG_20210713_115730.jpg
送り状は、北遠の材木問屋からの納品書兼請求書です。
真ん中の左上に「南海丸」の文字が確認できます。

・難破船舩入費取調書
IMG_20200810_125119_convert_20200810143218.jpg
これは、以前にもアップした画像ですが、名倉先生に依頼し、解読して頂きました。
難破船舩入費取調書
静岡県下 遠江国長上郡掛塚村 清安丸 池田藤七船 と書いてあるそうです。
つまり、我家の清安丸という船が難破し、費用を請求されているものですね(T_T)

・欅の箱
DSC00521.jpg
何を入れていた箱か不明ですが、形状が特殊です。材質が欅のため、かなり重たい箱です。

・焼印
DSC00518.jpg
我家の印はカクヤマで、積荷にはこの焼印を入れていたと思われます。

・北洋丸(写真表)
DSC00592.jpg
・北洋丸(写真裏)
DSC00593.jpg
大正3年10月 於露領沿海 インピラストル?港積木光景
インクが滲んで、正確に読み取れませんが、ロシア領に北洋丸が入港し材木を積んだものだと思われます。なぜ我家にこの写真が残っていたのか、掛塚とどんな繋がりがあったのか、大変気になりますが、詳細は不明です。

以上、遠州掛塚湊の廻船問屋のご紹介でした。廻船問屋の詳細は過去のブログをご参照ください。

2021/07/17 (Sat) 00:00 |郷土史 |コメント(0)

昭和時代の掛塚まつり(パートⅥ)

す組の若大将ことAMさんより提供して頂いた写真で、昭和時代の掛塚まつり(パートⅥ)です。

・す組の宮入り
IMG_20210314_125748 (1)
背景に旧掛塚町の役場が確認できます。レトロ感があって屋台とマッチしてますね。
それに、手作り感がある「祝・掛塚まつり」の看板もいい感じです。

・す組の宮出し
IMG_20210314_125035 (1)
昭和48年の日付が確認できます。
右側に映る風船は今では見なくなりましたが、子供の頃はこれが欲しくてたまりませんでした。風船に巻いたハチマキが妙にそそられます。
いつか掛塚納涼祭で復活させて、販売したら売れるんじゃないでしょうか?

・す組(砂町)屋台の正面
IMG_20210314_125111.jpg
砂町屋台の懸魚の彫りは蛇化美女です。波が横ではなく、前に向かってくる彫りは繊細であり、我が町の自慢の一つです。明治30年代に本町屋台の棟梁であもる不易堂三光が彫ったものと思われます。

・す組(砂町)屋台の後面
IMG_20210314_125047 (1)
見送り幕は明治時代の物ですね。詳細は以前ご紹介したこちらをご確認ください。

・す組の手踊り
IMG_20210314_131047.jpg
今では絶えてしまい、どんな踊りだったのか全く不明です。
こうした踊りがあると皆で楽しめそうで、よかったんですが非常に残念です。

以上、昭和時代の掛塚まつり(パートⅤ)でした。
2021/07/11 (Sun) 18:00 |掛塚祭り |コメント(0)

プロフィール

南海丸

Author:南海丸
江戸から明治にかけ湊町として栄えた掛塚に在住の40代。
廻船問屋を営んでいた頃の船「南海丸」の名を借りてブログの世界へ出航し、掛塚の魅力を発信していきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター